ここから本文です。

土地・気象(きしょう)

土地利用(りよう)の割合(わりあい)は?

静岡県(しずおかけん)の土地利用の内訳(うちわけ)です。

土地利用20160713

静岡県内の土地は、このように利用されているんじゃ。

森林の面積が、およそ3分の2なんだね。

みんなが住(す)んでいる家や、お店、工場(こうじょう)の土地は『宅地』で7.6%。田んぼや畑(はたけ)は『農地(のうち)』で11.7%なんだよ。

雨が多いのはいつ?

静岡市の月別降水量(つきべつこうすいりょう)の移(うつ)り変(か)わりです。

月別降水量20160713

平成27年の静岡市では、9月に1番(ばん)多く雨が降(ふ)ったのね。

那覇(なは)市では、7月が1番多いね。それに比べると、札幌(さっぽろ)市は雨が少ないね。

日本の中でもこんなに違うんじゃ。全国各地(かくち)にある気象台では、毎日(まいにち)いろいろな気象の変化(へんか)を調(しら)べておる。気象観測(かんそく)は、自然災害(しぜんさいがい)を防止(ぼうし)するためにも、大切なんじゃよ。

静岡の夏は、とっても暑(あつ)い

静岡市の月別平均気温(つきべつへいきんきおん)の移り変わりです。

月別平均気温20160713

静岡市の平均気温は、那覇市と札幌市の中間くらいだね。でも、あれ?
8月は那覇市の気温とほとんど同じだね。夏の気温は他の季節に比べて、各都市であまり差がないね。

よく見てるのう。静岡市では、平成27年8月1日は、日最低気温が28.0度で観測史上(かんそくしじょう)1番目に最低気温が高かったんじゃ。昨年やその前はどうだっただろう、と調(しら)べてグラフにすると、もっと詳(くわ)しくわかるのじゃ。地球温暖化(ちきゅうおんだんか)の影響(えいきょう)がみられるかもしれんのう。

ページの先頭へ戻る