• 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 分野一覧 > 労働・賃金 > 社会生活基本調査

統計センターしずおか

  • 書類箱を見る
  • 使い方
  • よくある質問

よく使われる統計 アクセスランキング

  • 携帯サイト

ここから本文です。

社会生活基本調査

令和3年10月20日を基準として社会生活基本調査を実施します。r3shakaibanner(外部サイトへリンク)

社会生活基本調査とは

わたしたちが1日どのくらいの時間を、仕事、家事、地域での活動などに費やしているか、また過去1年間にスポーツ、趣味・娯楽・ボランティア活動など、どのような活動を行ったかを調査し、国民の社会生活の実態を明らかにすることを目的としています。

またこの調査は、国が実施する統計調査のうち統計法という法律により、特に重要なものとされる「基幹統計調査」として実施する調査です。昭和51年以降5年ごとに実施し、今回が10回目の調査となります。

調査の対象

静岡県内のすべての市と町(河津町、西伊豆町、函南町、清水町、長泉町、小山町、森町)から抽出された、約1,900世帯(10歳以上の世帯員)です。

調査の流れ

総務省ー県ー統計調査員ー調査世帯

事前の世帯確認などのため、9月上旬から対象となった地域に調査員がお伺いします。調査の趣旨をご理解いただき、ご回答をお願いいたします。

調査員について

非常勤の地方公務員として県知事が任命します。調査員は必ず写真入りの「調査員証」を携行しています。調査員をはじめとする調査関係者には、厳格な守秘義務が課せられているほか、集められた調査票は厳重に管理され、統計を作成した後、溶解処分されます。

新型コロナウイルス感染症への対応

調査対象の皆様と調査員との接触をできるだけ控える調査方法(オンライン等)を導入するとともに、咳エチケット等飛沫感染の防止も徹底しております。(詳細については統計局ホームページ(外部サイトへリンク)をご覧ください。)

 

調査の概要

統計の目的

国民の生活時間の配分及び自由時間における活動の内容を詳細に調査し、国民の社会生活の実態を明らかにすることを目的としています。

調査の時期

5年ごと/10月20日現在

主要調査事項

世帯員に関する項目、生活行動(学習・ボランティア・スポーツ・趣味等)について、生活時間について(2日間)、世帯に関する項目、10歳未満の世帯員について

調査結果の概要等

主な公表内容

週全体平均の、行動の種類別総平均時間、行動者総平均時間及び行動者率

週全体平均の、ふだんの就業状態等、行動の種類別総平均時間、行動者平均時間及び行動率

「学習・自己啓発・訓練」「ボランティア活動」「スポーツ」「趣味・娯楽」の種類別行動者数、行動者率及び平均行動日数

「旅行・行楽」の種類別行動者数及び行動者率

公表予定

総務省統計局において、社会生活基本調査の結果概要として公表(HP)し、その後、結果報告書として「生活時間編」「生活行動編」「時間帯編」「解説編」を随時刊行

総務省統計局(外部サイトへリンク)

お問い合わせ

知事直轄組織統計調査課人口就業班

静岡市葵区追手町9-6

電話番号:054-221-2995

ファックス番号:054-221-3609

メール:toukei@pref.shizuoka.lg.jp