• 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 分野一覧 > 人口・世帯 > 住民基本台帳人口移動報告 > 住民基本台帳の人口と国勢調査の人口が異なっているのはなぜですか

統計センターしずおか

  • 書類箱を見る
  • 使い方
  • よくある質問

よく使われる統計 アクセスランキング

  • 携帯サイト

ここから本文です。

住民基本台帳の人口と国勢調査の人口が異なっているのはなぜですか

質問

住民基本台帳の人口と国勢調査の人口が異なっているのはなぜですか。

回答

住民基本台帳の人口と国勢調査の人口には差があります。これは、住民基本台帳で、住所の変更をせずに転居する人がいるため、住民票の届出場所と実際に住んでいる場所が一致しない場合があるからです。また、両調査における人口の把握時点(1月と10月)や把握方法(届出地と居住地)が異なること、長期の海外渡航者でも住民票を残している場合があることなどによるものです。
地域の行政を適切に進めるためには、その地域に実際に住んでいる人・世帯についての資料が必要となります。
国勢調査により、我が国に住んでいるすべての人及び世帯について、居住の実態に即した様々な統計や資料を得ることが出来ます。
国勢調査に関する詳細は「政府統計の総合窓口」のウェブサイト」で「国勢調査」のページをご覧ください。