• 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 分野一覧 > 人口・世帯 > 国勢調査 > 令和2年国勢調査

統計センターしずおか

  • 書類箱を見る
  • 使い方
  • よくある質問

よく使われる統計 アクセスランキング

  • 携帯サイト

ここから本文です。

令和2年国勢調査

令和2年国勢調査を実施します。

国勢調査は、未来をつくる日本で最も重要な統計調査です。

国勢調査は、2020年(令和2年)10月1日現在、日本に住んでいるすべての人及び世帯が対象です。

9月中旬から、調査員がみなさまのお宅を訪問し、調査書類を郵便受けに入れるなどしてお配りします。

回答は、10月7日までに、できる限りインターネットでお願いします。(郵送も可能です。)

センサスくん&みらいちゃん

こちらは、国勢調査のイメージキャラクター「センサスくん」と「みらいちゃん」です。

「センサスくん」は、国勢調査の対象となる人は、赤ちゃんからお年寄りまで一人の漏れもなくということから、赤ちゃんの姿でデザインされています。

ちなみに、「センサスくん」の名前は、国勢調査を英語にした「PopulationCensus」に由来しています。

また、「みらいちゃん」は、前回の平成27年国勢調査から新たに登場した「センサスくん」の妹です。インターネットを使っての調査回答を象徴するスマートフォンを手に持っています。

調査の時期

令和2年10月1日現在です。

なお、国勢調査は、大正9年(1920年)から5年ごとに行われており、令和2年調査は開始から100年目の節目の調査になります。

調査の対象

令和2年10月1日現在、日本に住んでいるすべての人及び世帯が対象です。

調査項目

  1. 世帯について・・・「世帯員の数」、「住居の種類」の2項目
  2. 世帯員について・・・「男女の別」、「出生の年月」、「配偶者の有無」、「就業状態」、「従業地又は通学地」など14項目

インターネット回答の推進

  • 平成27年国勢調査では、日本に住む約5,300万世帯のうち、約2,000万世帯がインターネットで回答しています。
  • 24時間いつでもかんたんに3ステップで回答できます。(1.アクセス2.ログイン3.回答)
  • 回答いただいた情報は、厳重なセキュリティで保護されているので安心・安全です。
  • インターネット回答は、書類を運ぶ際に発生するCO₂や事務コストを減らすことができる環境にやさしく、経済的な回答方法です。

報告義務と個人情報の保護

  • 国勢調査は、統計法によって、回答する義務(報告義務)が定められています。
  • 一方、調査員をはじめとする国勢調査に従事する者には、統計法によって、個人情報を保護するための厳格な守秘義務が課せられており、調査票の記入内容は厳重に守られます。
  • 回答いただいた内容は、統計の作成に関連する目的以外に使用することはありません。

調査結果は次のようなことに利用されます

  • 地方自治法で用いる人口、衆議院選挙区の画定基準、県議会・市町議会の議員定数の基準、地方交付税の算定基準など
  • 少子高齢化関連(子育て支援のための施策、高齢者福祉対策など)
  • 地域活性化関連(都市再生プロジェクト推進事業など)
  • 防災関連(防災計画の策定、災害復興計画の策定など)
  • 将来人口・世帯数の推計などの学術研究
  • 企業等による各種需要の把握、商品開発やサービスの需要予測など

国勢調査をよそおった「かたり調査」にご注意ください!

  • 国勢調査をよそおった詐欺や不審な調査にご注意ください。
  • 国勢調査をよそおった不審な訪問者や、不審な電話・電子メール・ウェブサイトなどにご注意ください。不審に思った際には、速やかにお住まいの市区町の国勢調査担当課にお問い合わせください。
  • 調査員は、その身分を証明する「調査員証」を携帯しています。

令和2年国勢調査静岡県実施本部を設置しました

調査の正確かつ円滑な実施を目的として、全県的な実施体制を整備するため、県では令和2年6月23日、杉山経営管理部長を本部長とする「令和2年国勢調査静岡県実施本部」を設置し、発足式を行いました。

結果の公表(実績及び予定)

調査の結果は最も早い「人口速報集計」を令和3年6月に公表し、その後、年齢別人口・世帯の状況などを集計した「人口等基本集計」を令和3年11月までに公表する予定です。
公表した調査結果については、総務省統計局のホームページ、統計センターしずおかのほか、県立図書館などで、どなたでもご覧いただけます。