• 音声読み上げ
  • 文字サイズ・色合いの変更
  • サイトマップ
  • ホーム
  • くらし・環境
  • 健康・福祉
  • 教育・文化
  • 産業・雇用
  • 交流・まちづくり
  • 県政情報

ホーム > 分野一覧 > 人口・世帯 > 国勢調査 > 平成27年国勢調査

統計センターしずおか

  • 書類箱を見る
  • 使い方
  • よくある質問

よく使われる統計 アクセスランキング

  • 携帯サイト

ここから本文です。

平成27年国勢調査

平成27年国勢調査への御回答ありがとうございました

皆様から提出していただいた調査票の審査を終了し、独立行政法人統計センターに提出しました。

国勢調査は、日本国内に住むすべての人と世帯を対象とする、国の最も重要な統計調査です。

国勢調査の結果は、さまざまな法令にその利用が定められているほか、社会福祉、雇用政策、生活環境の整備、防災対策など、私たちの暮らしのために役立てられます。

特に、平成27年国勢調査は、少子高齢化社会における日本の未来を描く上で欠くことのできないデータを得るため、従来の国勢調査にも増してその結果が注目されています。

また、東日本大震災後初めての人口・世帯に関する全数調査となることから、震災の影響把握、復興計画の策定や復興状況の評価に必要なデータとして利活用が期待されます。

センサスくん&みらいちゃん

こちらは、国勢調査のイメージキャラクター「センサスくん」と「みらいちゃん」です。

「センサスくん」は、国勢調査の対象となる人は、赤ちゃんからお年寄りまで一人の漏れもなくということから、赤ちゃんの姿でデザインされています。

ちなみに、「センサスくん」の名前は、国勢調査を英語にした「PopulationCensus」に由来しています。

また、「みらいちゃん」は、平成27年国勢調査から新たに登場した「センサスくん」の妹です。インターネットを使っての調査回答を象徴するスマートフォンを手に持っています。

調査の時期

平成27年10月1日現在です。

なお、国勢調査は、大正9年(1920年)から5年ごとに行われており、平成27年調査は第20回目にあたります。

調査の対象

日本国内にふだん住んでいるすべての人(外国人を含む)及び世帯が対象です。

調査項目

  1. 世帯員について・・・男女の別、出生の年月、配偶者の有無、就業状態、従業地又は通学地など13項目
  2. 世帯について・・・世帯員の数、住居の種類、住宅の建て方など4項目

調査の流れ~オンライン調査の実施

調査は、総務省-静岡県-市区町-指導員-調査員-各世帯の流れで行われました。

平成27年国勢調査では、初めてオンライン調査(インターネット回答)が全国的に導入され、パソコンなどから調査に回答いただけるようになりました。紙の調査票に比べて回答がしやすく、審査集計が効率的に実施できることから、経費節減にもつながります。

《調査の手順》

  • 紙の調査票の配布に先行して、調査員が各世帯を訪問し、「インターネット回答の利用案内」(インターネット回答用のID・パスワードや操作ガイドが入っています)を配布
  • 世帯は、配布されたID・パスワードを使ってパソコンやスマートフォンからインターネットで調査に回答
  • その後、インターネットによる回答のなかった世帯にのみ調査員が再度訪問し、紙の調査票を配布
インターネット回答期間 平成27年9月10日(木曜日)~20日(日曜日)
紙の調査票の配布期間 平成27年9月26日(土曜日)~30日(水曜日)
紙の調査票の調査員への提出 平成27年10月1日(木曜日)~7日(水曜日)

 

 

 

 

  • 一部の市町では、「インターネット回答の利用案内」と紙の調査票を、9月10日(木曜日)から同時に配布
  • 紙の調査票は、調査員による回収のほか、掛川市、牧之原市、東伊豆町、河津町、南伊豆町、松崎町、西伊豆町、吉田町及び川根本町を除いては郵送で提出していただくことも可
  • 調査票の提出がない世帯には、10月8日以降も調査員が訪問

今回、オンライン回答数は、全国で1千900万件超にのぼりました。

調査終了後は、全ての調査票が総務省統計局に集められ、現在、独立行政法人統計センターで集計作業が進められています。

報告義務と個人情報の保護

国勢調査は、統計法によって、調査票に記入して提出する義務(報告義務)が定められています。また、回答を拒んだり、虚偽の回答をした場合の罰則の規程も設けられています。

一方、調査員(及び指導員)は、総務大臣が任命する非常勤の国家公務員であり、統計法によって、個人情報を保護するための厳格な守秘義務が課せられています。

調査票に記入していただいた内容は、統計の作成に関連する目的以外に使用されることはありません。

調査結果は次のようなことに利用されます

  • 地方自治法で用いる人口、衆議院選挙区の画定基準、県議会・市町議会の議員定数の基準、地方交付税の算定基準など
  • 少子高齢化関連(子育て支援のための施策、高齢者福祉対策など)
  • 地域活性化関連(都市再生プロジェクト推進事業など)
  • 防災関連(防災計画の策定、災害復興計画の策定など)
  • 将来人口・世帯数の推計などの学術研究
  • 企業等による各種需要の把握、商品開発やサービスの需要予測など

国勢調査をよそおった「かたり調査」にご注意ください!

国勢調査では、世帯を訪問する調査員は、その身分を証明する「国勢調査員証」と「腕章」を携帯しています。

統計調査をかたり、世帯の家族構成や収入などの個人情報を聞き出そうとすることは不正行為です。

そうした電話や訪問等があった場合には、回答しないで、お住まいの市区町の国勢調査担当課にお問い合わせください。

国勢調査ニュースしずおか

静岡県では、これまで「国勢調査ニュースしずおか」を発行して、国勢調査に関するトピックスなどを紹介してきました。

平成27年国勢調査静岡県実施本部を設置しました

調査の正確かつ円滑な実施を目的として、全県的な実施体制を整備するため、県では平成27年4月14日、白井企画広報部長を本部長とする「平成27年国勢調査静岡県実施本部」を設置し、発足式を行いました。

実施本部発足式

結果の公表(実績及び予定)

平成28年2月26日に、総務省統計局から、人口速報集計結果(男女別人口・世帯数)が公表されました。

平成28年6月29日に、総務省統計局から、抽出速報集計結果(調査事項の主要な結果)が公表されました。

平成28年10月26日に、総務省統計局から、人口等基本集計結果(人口、世帯、住居等に関する確定値)が公表されました。

今後、平成29年1月に移動人口の男女・年齢別集計、同4月に就業状態等基本集計、同6月に従業地・通学地による人口・就業状態等集計等が順次公表されていくこととなっています。